‘Metropolis. I’

Studio SWINE仙台箪笥

武家や商屋の箪笥として生まれた重厚な仙台箪笥の伝統様式に、浮世絵にインスピレーションを受けたグラフィカルでフラットな模様が融合された、全く新しい解釈による仙台箪笥。日本の木版画のダイナミックな幾何学模様と平面性、そして1960年代のメタボリズムにインスパイアされたこの新しい箪笥のデザインは、日本の伝統工芸と先鋭的な建築運動を、「機能的装飾」として遊び心たっぷりに融合させている。
Year: 2024
Material: Wood, Urushi (Lacquer)
Size: L40 x W144 x H110 cm / 2024)
武家や商屋の箪笥として生まれた重厚な仙台箪笥の伝統様式に、浮世絵にインスピレーションを受けたグラフィカルでフラットな模様が融合された、全く新しい解釈による仙台箪笥。日本の木版画のダイナミックな幾何学模様と平面性、そして1960年代のメタボリズムにインスパイアされたこの新しい箪笥のデザインは、日本の伝統工芸と先鋭的な建築運動を、「機能的装飾」として遊び心たっぷりに融合させている。
Year: 2024
Material: Wood, Urushi (Lacquer)
Size: L40 x W144 x H110 cm / 2024)

仙台箪笥

仙台箪笥の歴史は江戸時代まで遡ると言われる。もともとは刀や着物、証文などの大切な物を収めるための武家や商屋の箪笥として生まれ、堅牢さや防犯性などの実用性が重視された。明治になると庶民の間でも人気が高まり、美しい漆塗りや華やかな金具などの美術的要素が加わり、独自の発展を遂げている。

Designer

Studio SWINE

日本人建築家の村上あずさ・英国人アーティストのアレキサンダー・グローヴスによるデザインユニット。アート、デザイン、映像などの分野を超え、深いリサーチをベースに、科学者や経済学者など様々な領域とコラボした作品で注目される。 世界最高峰のPace Galleryとも契約し、作品はMoMAやポンピドゥセンターにも収蔵されている。

Official Website

Artisan

新田源太郎

1980年山形県米沢市に生まれる。2003年京都老舗帯屋にて着物・織を学ぶ。2005年 株式会社新田に入社。日本伝統工芸展「新人賞」、米沢市芸術文化協会「協会賞」、MOA岡田茂吉賞「新人賞」、日本工芸染織展「東京都教育委員会賞」、他多数受賞。LEXUS NEWTAKUMI PROJECT 2017山形県代表。2017年 株式会社新田代表取締役社長(5代目)に就任。公益社団法人日本工芸会 正会員。

Official Website